1. ホーム
  2. 話題
  3. 新築店舗に認可保育所 川崎信金、屋上園庭も

新築店舗に認可保育所 川崎信金、屋上園庭も

話題 神奈川新聞  2017年03月17日 15:17

川崎信金登戸支店に併設される認可保育所
川崎信金登戸支店に併設される認可保育所

 川崎信用金庫は21日、認可保育所を併設した登戸支店(川崎市多摩区登戸)をリニューアルオープンする。待機児童解消に向けた市の保育所整備事業に協力したもので、一般向けの認可保育所を併設した新築店舗は信金業界で初めてという。

 鉄骨4階建て(延べ床面積2740平方メートル)で、1~3階は店舗・会議室。保育所は4階(約570平方メートル)で、屋上に人工芝の園庭(約215平方メートル)を整備。社会福祉法人セイワが運営し、「登戸ゆりのき保育園」(定員80人)として4月1日に開設される。小田急線の向ケ丘遊園駅と登戸駅のほぼ中間にあり、両駅から徒歩5~7分。

 同信金は、2014年に市と結んだ包括連携協定に基づいて、保育所整備事業に協力した。3階の大会議室は大規模災害時の帰宅困難者の受け入れを行うとともに、園児のための備蓄食料も確保するという。「建物はバリアフリー対応にしており、今後も地域に貢献していきたい」と担当者は話している。


シェアする