1. ホーム
  2. 社会
  3. 湯気立つ愛の告白いかが バレンタイン用「がんもどき」/三浦

湯気立つ愛の告白いかが バレンタイン用「がんもどき」/三浦

社会 神奈川新聞  2012年02月12日 20:56

ハート形に加工したバレンタイン用の「がんもどき」=三浦市の豆腐店「高梨商店」
ハート形に加工したバレンタイン用の「がんもどき」=三浦市の豆腐店「高梨商店」

もうすぐバレンタインデー。一風変わった愛の告白はいかが、と三浦市南下浦町上宮田の手作り豆腐店「高梨商店」がハート形のがんもどきを期間限定で売り出した。

市販されているクッキーの型枠を使い、縦9センチ、横10センチのハート形に仕上げた。ふんわりとした柔らかな食感で、通常商品と同様、海洋深層水や上質の大豆を使用している。

同店は創業から100年余り続く老舗。「今更チョコを手渡すのが照れくさいという年配の方にお薦め。食卓にそっと並べてみてはどうでしょう」と4代目の高梨喜里さん(44)。

妻の結花さん(39)は「熱々のおでんにするのがいいかも」と女性の視点からアドバイス。湯気立つ愛のこもったがんもどきを食べれば、身も心も温まること間違いなし?

1袋2個入り、300円。都内の百貨店や三崎朝市のほか、移動販売車、店頭で販売。問い合わせは、同店電話046(888)0116。

【】


シェアする