1. ホーム
  2. 政治行政
  3. リニア駅は相原高敷地が有力、知事と相模原市長「橋本駅」正式表明/神奈川

リニア駅は相原高敷地が有力、知事と相模原市長「橋本駅」正式表明/神奈川

政治行政 神奈川新聞  2012年02月04日 00:54

報道陣の質問に答える加山相模原市長(左)と黒岩知事=県庁
報道陣の質問に答える加山相模原市長(左)と黒岩知事=県庁

黒岩祐治知事と加山俊夫相模原市長は3日、県庁で共同会見し、リニア中央新幹線の中間駅を橋本駅(相模原市緑区)周辺に誘致することで合意したと正式発表した。さらに具体的な位置にも言及し、駅南口正面に立地する県立相原高校の敷地を「有力候補」としていることを明らかにした。

関係首長らで組織する期成同盟会を年度内にも開催し、賛同を得た上で事業者のJR東海に正式要請する。JR東海によると、中間駅について山梨県が昨年11月、誘致地区の要請を済ませている。

会見で黒岩知事は、自ら相原高の名を挙げ「関係者や県教育委員会に意見をうかがう作業が残っている」とした上で、「(地下駅だが)工事スペースも必要。相原高の敷地は有力な候補地だ」と述べた。具体的な位置を問われ、加山市長から発言を促された。

誘致地区を橋本に決めた理由について、県市は交通利便性などとともに「土地利用転換の可能性」との表現で県有施設の活用を示唆。知事は「相原高のことだ」と重ねて明言し、「移転先の候補地はないわけではない」とも述べた。約2キロ離れた場所にある厚生労働省所管の職業能力開発総合大学校相模原校は廃止が決まっており、関係者の間では相原高の移転先として取りざたされている。

リニア新幹線の運行形態は固まっていないが、両首長は会見で、大半の列車が停車するようJR東海に要請する意向を示した。駅名は加山市長が「シティーセールス上は『相模原』がいいと思うが、皆さんの声を聞いてから」と述べた。

JR東海は現在、環境影響評価の手続きに入っている。駅位置の最終決定はアセス準備書を整える来年秋ごろの見通し。

【】


シェアする