1. ホーム
  2. 選挙
  3. 福田市長に出馬要請 川崎4団体「子育て支援特に評価」

福田市長に出馬要請 川崎4団体「子育て支援特に評価」

選挙 神奈川新聞  2017年03月15日 02:00

 今年秋に行われる川崎市長選を巡り、政治団体「川崎の発展を考える会」(会長・山田長満川崎商工会議所会頭)など4団体は14日、市役所を訪れ、現在1期目の福田紀彦市長に再選出馬を要請した。

 福田市長は要請を受けた後、記者団に「非常にありがたく、重く受け止めた」と感想を語った一方で、「17日までは市の予算案を議会に審議いただいているので、現時点ではそれに向かって全力を挙げたい」と述べるにとどめた。

 要請したのは、市内のさまざまな団体のトップや幹部らが個人加盟でつくる「考える会」、市医師連盟、市歯科医師連盟、県宅地建物取引業協会川崎市宅建協議会の4団体。各団体の代表らが市長に要請書を手渡した。

 山田会長は要請後、記者団に「市民ファースト市長として高い評価をさせていただいている。特に子育て支援は少子高齢化社会にあって一丁目一番地の政策だが、福田市長は真剣に取り組んできた」と再選を望む理由を挙げた。


シェアする