1. ホーム
  2. 社会
  3. 青少年科学館のキャラにちなんだプリン、地元商店会がレシピなど募集/川崎

青少年科学館のキャラにちなんだプリン、地元商店会がレシピなど募集/川崎

社会 神奈川新聞  2012年01月09日 00:02

生田緑地の地層とプラネタリウムをモチーフにしたキャラクター「かわさきぷりん」ちゃん(川崎市青少年科学館提供)
生田緑地の地層とプラネタリウムをモチーフにしたキャラクター「かわさきぷりん」ちゃん(川崎市青少年科学館提供)

川崎市多摩区の市青少年科学館が4月にリニューアルオープンすることを記念して、多摩区商店街連合会はマスコットキャラクターにちなんだプリンを開発する。

同館の通称(「かわさき宙(そら)と緑の科学館」)とキャラクターなどが昨年10月に発表されたことを受け、商品化を企画。生田緑地の地層とプラネタリウムをモチーフにしたキャラクター「かわさきぷりん」ちゃんのかわいいイメージに合った、レシピと容器のデザインを募っている。

2月中旬まで応募を受け付け、3月中に商品を披露。4月28日のオープン初日から館内で販売し、製造店舗でも取り扱う予定という。

同商連の結城光雄会長は「市の名産品になるような商品を開発したい」と意気込んでいる。申し込み方法などの問い合わせは、結城会長電話044(955)7660。

【】


シェアする