1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 全国でベストを、高校6競技の代表知事訪問/神奈川

全国でベストを、高校6競技の代表知事訪問/神奈川

スポーツ 神奈川新聞  2011年12月10日 23:43

黒岩知事の前で選手を代表して決意を述べる相模女子バスケットボール部主将の高木=県庁大会議場
黒岩知事の前で選手を代表して決意を述べる相模女子バスケットボール部主将の高木=県庁大会議場

冬季に全国高校大会が開催される駅伝、ラグビー、バレーボール、バスケットボール、サッカー、登山の6競技の神奈川代表が一堂に集まり10日、黒岩祐治知事を表敬訪問した。

出席したのは、バスケットボール(23日開幕・東京体育館)男子の湘南工大付、女子の金沢総合と相模女子、駅伝(25日・京都市西京極陸上競技場発着)男子の藤沢翔陵と女子の白鵬女子、ラグビー(27日開幕・花園ラグビー場ほか)の桐蔭学園、サッカー(30日開幕・国立競技場ほか)の桐光学園、バレーボール(2012年1月5日開幕・東京体育館)男子の橘と向上、女子の橘と大和南。さらに全国選抜クライミング選手権(24日開幕・埼玉県加須市民体育館)に出場する平塚江南の石井嘉基(山岳部)、伊志田の大谷拓海(同)、秦野総合の渡邉奈々実と川口真耶(ワンダーフォーゲル部)の計13校の選手約170人。

チームごとに紹介され、「一番いい結果を残したい」(藤沢翔陵・小泉雄輝主将)、「県勢初の入賞を」(白鵬女子・秋山桃子主将)、「今年は単独で2連覇したい」(桐蔭学園・濱野大輔主将)などと代表が抱負を語ると、黒岩知事は「皆さんの一言を聞き、頑張ってきた誇り、自信に満ちあふれていることを感じた」と激励した。

各校を代表して相模女子の高木優里主将が「全国大会で戦える喜びと支えてくれた方々への感謝を大切にし、ともに輝けるようベストを尽くしたい」と決意表明した。

【】


シェアする