1. ホーム
  2. 社会
  3. 中学校での新型インフル備え 集団予防接種の流れ検証

中学校での新型インフル備え 集団予防接種の流れ検証

社会 神奈川新聞  2017年03月11日 16:01

川崎市職員が中学生役となり、医師も参加して行われた集団接種のシミュレーション=川崎区役所
川崎市職員が中学生役となり、医師も参加して行われた集団接種のシミュレーション=川崎区役所

 新型インフルエンザの発生に備え、川崎市は10日、中学校を想定した集団予防接種のシミュレーションを初めて行った。市職員が中学生役を務め、接種までの流れや時間、人員配置などを検証した。

 新型インフルエンザが発生、まん延した場合、国の特別措置法に基づき、全市民を対象にしたワクチン接種が行われる。学校も会場になることが想定されるが、現在は学校での集団接種を実施していないため、課題を検証した。

 学校を想定したシミュレーションは全国的にも珍しく、内閣官房や厚生労働省の対策室も共催した。

 川崎区役所を会場に、市や市教委の職員、医師、保健師ら約60人が参加。1学年の生徒150人を想定し、生徒役は教室で説明を受けた後、保健室に移動して医師から予診と模擬接種を受けた。

 「注射への不安が強い」「接種後に倒れる」「保護者の署名がない」など、現場で起こりうる問題を各生徒役が演じ、職員や医師らが対応を考えた。問診票や医療器具なども実物を使用し、所要時間を計った。

 市保健所感染症対策課は「検証結果を踏まえ、各トラブルの対応法や人員配置を事前に決めていきたい」と話した。


シェアする