1. ホーム
  2. 社会
  3. 差別撤廃への思い誓う 関東大震災後の朝鮮人虐殺で追悼集会

差別撤廃への思い誓う 関東大震災後の朝鮮人虐殺で追悼集会

社会 神奈川新聞  2016年09月04日 02:00

献花する追悼会参加者=横浜市西区
献花する追悼会参加者=横浜市西区

 1923年の関東大震災直後に虐殺された朝鮮人らを追悼する集会が3日、横浜市西区の久保山墓地で開かれた。虐殺の真相究明に取り組む市民グループや神奈川朝鮮中高級学校の生徒ら約150人が参加。慰霊碑に花を手向け、歴史の暗部を語り継ぐとともに差別撤廃への思いを誓った。

 集会は、市民グループ「関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を知り追悼する神奈川実行委員会」が主催し今年で4回目。横浜でも起きた朝鮮人の虐殺は、震災発生直後から事実無根の流言が広がり、自警団の住民らによる殺傷事件が多発。軍や警察も関与したケースもあるとされる。犠牲者は最大数千人規模。その多くが朝鮮人で、半数が横浜で命を落としたといわれるが、詳細は分かっていない。

 同会メンバーによる調査結果を朗読劇方式で報告。「反町遊郭(現在の反町公園近く)で惨殺された」「当時の横浜駅に焼死体が多数」「浅野造船所で100人以上が襲撃された」といった内容の目撃証言や当時の新聞記事などをもとに披露し、真相に迫った。

 同会代表の山本すみ子さんはあいさつで、韓国朝鮮人に対するヘイトスピーチが繰り返される排外的な状況に言及。「93年前に虐殺した事実を隠蔽(いんぺい)したことに始まる差別の実態は今なお続いている」と指摘し「皆で立ち向かい、闘っていきたい」と活動継続への思いを新たにした。

 民族舞踊やアリランの合唱なども行われ、犠牲者を供養した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕