1. ホーム
  2. 社会
  3. 長野の集団大麻 被告に猶予判決 横浜地裁

長野の集団大麻 被告に猶予判決 横浜地裁

社会 神奈川新聞  2017年03月08日 17:34

 長野県の集落内で大麻を隠し持っていたとして住民が一斉摘発された事件で、大麻取締法違反の罪に問われた男(33)=同県大町市=に対し、横浜地裁(国井恒志裁判官)は7日、懲役2年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする