1. ホーム
  2. 社会
  3. 新種落花生「おいしい」、市役所で試食サービス/秦野

新種落花生「おいしい」、市役所で試食サービス/秦野

社会 神奈川新聞  2011年09月13日 23:02

大粒のゆで落花生を受け取る家族連れ=秦野市役所1階ロビー
大粒のゆで落花生を受け取る家族連れ=秦野市役所1階ロビー

秦野産のゆで落花生を味わってもらう試食サービスが13日、秦野市役所1階ロビーで行われた。秦野たばこ祭(24、25日)で行われる「秦野の農村レストラン」のPRイベントで、新品種の落花生に市民も「おいしい」と喜んでいた。

試食サービスでは、ゆで落花生用の新品種「おおまさり」を約20キロ用意。秦野産のお茶とともに市役所を訪れた市民に配った。落花生は通常の2倍の大きさで、柔らかく甘みがある品種。手続きのために訪れていた男性(33)は「大きくて、おいしい」と話していた。

秦野産の農産物をPRするため第64回秦野たばこ祭で、市内農家の主婦たちが開店する「秦野の農村レストラン~うちほぉのうめぇもん、食ってってけぇろ」のPRを兼ねたもの。落花生やお茶とともに、同レストランのメニューが記載されたチラシも配布されていた。

同レストランは24日午後0時半から同5時、25日午前10時半から午後4時まで、水無川左岸秦野橋そばの広場に設けられ、秦野産みそを使うおでんや冷やしキュウリ、落花生風味のドーナツなどが販売される。

【】


シェアする