1. ホーム
  2. 社会
  3. 「統計グラフコンクール」の入賞作品展示中、災害や節電のテーマも/横須賀

「統計グラフコンクール」の入賞作品展示中、災害や節電のテーマも/横須賀

社会 神奈川新聞  2011年09月06日 19:35

横須賀市内の小中高生を対象にした「第45回統計グラフコンクール」の入賞作品が7日まで、同市大滝町の西友横須賀店のステップギャラリーで展示されている。東日本大震災の発生を受け、ことしは小学校高学年や中学生から災害や節電をテーマにした作品が多数寄せられた。

市と市教育委員会が毎年主催し、ことしは昨年を上回る248点、360人が応募。審査の結果、入選17点、佳作26点、努力賞15点が選ばれた。

東日本大震災と阪神淡路大震災の震度や被害の違いを地図とともに分かりやすく表現したものや、各家庭の節電方法を調査したもの、災害時の避難方法をまとめたものなど、例年に比べ災害を身近な問題として捉えた作品が目立った。

「原子力発電の必要性」や「児童虐待の現状」に切り込んだ力作も。いずれもイラストや色紙を多用しているほか、見やすく仕上げようとグラフの配置を工夫しており、訪れた人の目を引いていた。

【】


シェアする