1. ホーム
  2. 社会
  3. TUBEやRIP SLYMEらが復興支援野外ライブ、約1万5千人が熱狂/藤沢

TUBEやRIP SLYMEらが復興支援野外ライブ、約1万5千人が熱狂/藤沢

社会 神奈川新聞  2011年08月27日 23:43

海岸につくられたステージでTUBEの復興支援ソング「RESTART」(リスタート)を観客と合唱する出演者=藤沢市のくげ沼海岸
海岸につくられたステージでTUBEの復興支援ソング「RESTART」(リスタート)を観客と合唱する出演者=藤沢市のくげ沼海岸

「湘南からエールを~東日本大震災復興支援ライブ2011」と題する野外コンサートが27日、藤沢市の鵠沼海岸で開催され、約1万5千人(主催者発表)が会場のビーチを埋め尽くした。TUBEが中心となって声を掛け、県内にゆかりのある歌手やグループが結集した。収益は全額復興支援として役立てるという。

「ちゃんと騒がないと、東北まで届かないぜ」。5人のうち2人が藤沢市出身のヒップホップグループ「RIP SLYME」(リップスライム)のボーカル、RYO―Z(リョージ)が観客をあおると会場の熱気は一気に高まった。

音楽番組のMCで知られる赤坂泰彦さんが名調子で曲を紹介。逗子市出身の2人組グループ「キマグレン」や藤沢市に住むつるの剛士さんが相次ぎ登場し、TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」で熱気は最高潮に達した。

湘南のイメージが色濃い加山雄三さんは「夜空の星」「海その愛」などを歌い上げた。サプライズゲストとして、県内出身の3人組グループ「いきものがかり」も登場した。

TUBEの前田亘輝さんは「これは最後じゃなくスタート。ビーチでのイベントでハードルはあったが、湘南から元気を届けたいという思いで開催できた。本当にありがとう」と熱っぽく語った。

TUBEは震災以降、被災地に足を運び支援活動に取り組んできた。5月末には復興支援ソング「RESTART」(リスタート)を制作。歌手や芸能人、スポーツ選手など総勢約170人が参加した。野外ライブでも全員で歌い、湘南の夏の一大イベントを締めくくった。

【】


シェアする