1. ホーム
  2. 社会
  3. 障害者の姿生き生きと、大倉山で写真展/横浜

障害者の姿生き生きと、大倉山で写真展/横浜

社会 神奈川新聞  2011年07月07日 22:23

写真展「地域で生きる重度障害者」が、横浜市港北区大倉山のギャラリー「かれん」で開かれている。重度障害者のグループホームを支援するNPO法人「地域で生きる障害者を支える会」(大原日恵代表)の主催で9日まで。

市内二つの障害者グループホームの運営委員長を務める大原さんが撮影した。入所者らの散髪、食事などの日常生活や地域交流バザー、チャリティーコンサートで活動する様子が、生き生きとした表情とともに活写されている。額に収められた25点のほか、活動状況を説明したパネルにスナップ写真が多数、掲載されている。

大原さんは「重度障害者の一人一人の個性が尊重され、地域の中でさらに楽しく暮らしていけるような社会になってほしい。多くの人に写真を見てもらいたい」と話している。

入場無料。午前10時半から午後6時まで(最終日は午後1時から4時まで)。問い合わせは、同ギャラリー電話045(543)3577。

【】


シェアする