1. ホーム
  2. 話題
  3. 地域の民俗芸能楽しんで

3月5日、川崎・多摩市民館で開く
地域の民俗芸能楽しんで

話題 神奈川新聞  2017年02月27日 12:30

披露される菅の獅子舞(昨年9月)
披露される菅の獅子舞(昨年9月)

 地域の民俗芸能を多くの人に身近に感じてもらおうと、川崎市民俗芸能保存協会と同市教育委員会は3月5日午前10時から、市民俗芸能発表会を多摩市民館(多摩区登戸)で開く。入場無料。

 39回目のことしは、菅(すげ)獅子舞保存会など地元多摩区の5団体をはじめ、新城郷土芸能囃子(はやし)曲持保存会、愛川町の三増(みませ)獅子舞保存会など計10団体が出演予定。

 市教委文化財課は「多摩区の民俗芸能を色濃く感じられるほか、菅の獅子舞と同じ一人立三頭形式の三増の獅子舞を比べて見る面白さもある」と来場を呼び掛けている。問い合わせは同課電話044(200)3305。


シェアする