1. ホーム
  2. 話題
  3. 国産木材の魅力知って 川崎で「木育」イベント

ツリーハウスや遊具展示
国産木材の魅力知って 川崎で「木育」イベント

話題 神奈川新聞  2017年02月26日 02:00

公園内に作られた、国産木材を使ったツリーハウス=川崎市川崎区
公園内に作られた、国産木材を使ったツリーハウス=川崎市川崎区

 木に触れることで国産木材の良さを感じてもらう「木育」イベントが25日、川崎市川崎区日進町の上並木公園で開かれた。公園のケヤキの木の上にツリーハウスが製作されたほか、木製ドームや木の遊具などを展示し、地元の親子らが木を使った遊びを楽しんだ。

 市の主催で、国産木材の魅力を多くの人に知ってもらい、利用促進やまちの活性化にもつなげようと企画。公園には、木工用3D(3次元)切削加工機で作られた全長約12メートルの木製ドームや、ワークショップの参加者が作った木の遊具などが展示された。

 ケヤキの木の上には、約1週間かけて製作されたツリーハウスがお目見え。子どもたちは中に置く椅子づくりを手伝ったり、はしごで登って景色を楽しんだりしていた。

 小学4年生の女子児童(10)は「木の上に登ったのは初めてで楽しかった。木の椅子も安定感があって座り心地が良かった」と笑顔を見せていた。

 ツリーハウスは3月18日まで、土日限定で開放する予定。


シェアする