1. ホーム
  2. 社会
  3. 待機児童解消へ横浜市、保育所整備に適した民有地公募

待機児童解消へ横浜市、保育所整備に適した民有地公募

社会 神奈川新聞  2011年06月14日 22:16

待機児童対策の一環として、横浜市は30日まで、保育所整備に適した民有地を公募している。土地の募集後、保育所を整備・運営する意向のある法人に案内。市の仲介で地権者と運営法人をマッチングし、スムーズな保育所整備を図る。

マッチング事業は、保育所整備にふさわしい市有地の減少が背景。民有地での整備を進めるため、昨年度初めて実施した。昨年度は市内で計78件の応募があり、市の審査の結果、適地として11件が選定され、7件で整備が実現した。

20年以上の貸し付けが可能なことが条件で、(1)原則として市街化区域にある500平方メートル以上の土地(2)500平方メートル以上の土地に300平方メートル以上の新築建物がある物件(3)所有地に新築したビルの一部―などを募集。整備予定は数件程度で、2013年4月の開所を目指す。

応募には、市との相談が必要。相談予約・問い合わせは、市こども青少年局保育所整備課電話045(671)4154。

【】


シェアする