1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉「子どもをつらい目に遭わせ心苦しい」 朝鮮学校補助金問題で保護者ら集会

〈時代の正体〉「子どもをつらい目に遭わせ心苦しい」 朝鮮学校補助金問題で保護者ら集会

時代の正体 神奈川新聞  2017年02月25日 11:10

県が補助金交付を留保した問題で開かれた集会=神奈川朝鮮中高級学校
県が補助金交付を留保した問題で開かれた集会=神奈川朝鮮中高級学校

 【時代の正体取材班=石橋 学】朝鮮学校に通う子どもたちの学費補助金の交付を県が留保している問題で保護者や学校関係者らは24日、集会を開いた。民族教育を守ろうと会場の神奈川朝鮮中高級学校(横浜市神奈川区)には卒業生も含め約200人が集まった。

 3人の子どもを通わせているオモニ(母親)会の白(ペク)珠妃(チュビ)さん(47)は「民族の尊厳の問題。子どもたちをつらい目に遭わせて心苦しい。大人たちが何とかしなければ」と呼び掛けた。

 県は拉致問題の記述が教科書にないことを留保の理由にしているが、「神奈川朝鮮学園を支援する会」の佐々木克己元事務局長は「補助金は県が保護者に出すもので、第三者の学校を理由にするのはおかしい」と矛盾を指摘。

 「日本で暮らし続ける子どもたちのため日本のことも教えている朝鮮学校は、どの外国人学校より日本の学校に近い。他の外国人学校は補助が出て、朝鮮学校だけ補助されないのは理解できない」と話した。


シェアする