1. ホーム
  2. 社会
  3. 海の公園のアマモ再生、横浜南央RCやNPO法人などが取り組み/横浜

海の公園のアマモ再生、横浜南央RCやNPO法人などが取り組み/横浜

社会 神奈川新聞  2011年05月25日 22:49

アマモを採取する小学生たち=走水海岸
アマモを採取する小学生たち=走水海岸

横浜南央ロータリークラブ(村上隆会長)、NPO法人「海辺つくり研究会」と児童養護施設・聖母愛児園の子どもたちが横浜市金沢区海の公園内の海草・アマモの再生に取り組んでいる。22日には小中学生50人とロータリークラブ、研究会メンバーら20人が横須賀・走水海岸で自生のアマモを採取して、三浦市三崎町城ケ島の県水産技術センターの水槽に植え込んだ。種を採集し、来月、海の公園にまかれる。

アマモは砂泥海底に根を張り、群がってアマモ場をつくる。「海のゆりかご」と呼ばれ、稚魚や小型動物の隠れ家となり、枯れ葉は貝、エビ、カニが食べる。窒素、リンを吸収し水質浄化の役割も果たす。昨年9月、海の公園一帯は海水温が28度に急上昇、赤潮が発生してほとんどが枯れてしまった。

バスで走水海岸に到着した小中学生らは、Tシャツ、水着姿になって「冷たい」「気持ちいい」と言いながら海水の中へ。水産技術センター研究員の指導で緑色の花枝250本

を次々と採取した。

この後、アマモは城ケ島の水産技術センターに運ばれ、大きな水槽に植え込まれた。

6月下旬に花が実になった段階で種が採集され、海の公園の海面にまかれる。今回採取した花枝から5千粒くらいの種が採れるという。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱