1. ホーム
  2. 社会
  3. あすなろ学苑の「よこすかカレー味食べるらー油」、おみやげコンテストで銀賞/横須賀

あすなろ学苑の「よこすかカレー味食べるらー油」、おみやげコンテストで銀賞/横須賀

社会 神奈川新聞  2011年05月16日 22:23

「おみやげコンテスト」で銀賞を受賞した製品
「おみやげコンテスト」で銀賞を受賞した製品

焼き菓子やジャムなどの製造、販売に取り組んでいる知的障害者授産施設「あすなろ学苑」(横須賀市小矢部、三浦麻矢苑長)の自主製品が、市主催の「第3回横須賀おみやげコンテスト」で銀賞に輝いた。障害者を対象にした大会での受賞経験はあるが、一般向けコンテストで入賞したのは今回が初めて。

「おみやげコンテスト」は、経済活性化と集客力の向上を目的に、市内の製造・販売事業者に「横須賀らしい商品」の製作を募集したイベント。3回目の今年は、16事業者から計21商品の応募があり、最終選考で入賞作品5点を選定した。

あすなろ学苑が出品したのは、エビやホタテの魚介類や野菜、スパイスを多用した調味料「よこすかカレー味食べるらー油」。ジャムの製造部門に携わる22~43歳の利用者7人と、職員3人が製作に当たった。

完成までは試行錯誤の連続。野菜の炒め具合や火加減の調整、調味料の配合などに気を配りながら、理想の味に到達するまで30回以上作り直し、試食を繰り返した。魚介の風味とカレーのスパイスが程よく効いた味に仕上がり、ご飯や炒め物、トーストなど幅広い料理に合うという。

「障害者が作っていることを売りにするのではなく、製品の味で勝負することを常に意識してきた」と三浦苑長。「これからも製品の質を向上させ、ハンディキャップがあっても社会貢献できる力があることを発信していきたい」。澤柳平さん(29)ら利用者も「おいしいのでたくさんの人に味わってほしい」と笑顔で話した。

1個500円。問い合わせは同苑電話046(852)0600=平日午前8時~午後5時。

【】


シェアする