1. ホーム
  2. 社会
  3. 小学生が陸上に挑戦、等々力陸上競技場で400人参加/川崎

小学生が陸上に挑戦、等々力陸上競技場で400人参加/川崎

社会 神奈川新聞  2011年05月08日 19:48

小学生が陸上のトップアスリートと同じトラックを使用して走るイベントが8日、川崎市中原区の等々力陸上競技場で開かれ、市内の小学生約400人が参加した。

同市などの主催で、同日開催された国際陸上競技大会「セイコーゴールデングランプリ川崎」のサブイベントとして行われた。

男女混合で1~3年生は50メートル、4~6年生は100メートルに挑戦。トラックの感触を楽しみながらゴールまでのタイムを競った。

福島大学陸上競技部の川本和久監督が子どもたちに「足の回転を速くすればもっと速くなる」「最後まで駆け抜けろ」などとアドバイスを送っていた。

宮前区の小学3年生、市田琳太郎君(8)は「スタートするまでドキドキするところが楽しかった。サッカー選手になりたいのでもっと速く走れるようになりたい」、多摩区の小学4年生、谷美紀(みのり)さん(9)は「100メートルを走ったのは初めて。最後の方は疲れた」と笑顔で汗をぬぐっていた。

【】


シェアする