1. ホーム
  2. 話題
  3. 見た目もおいしい総菜 京急百貨店と学生がコラボ

見た目もおいしい総菜 京急百貨店と学生がコラボ

話題 神奈川新聞  2017年02月22日 02:00

商品化した総菜をPRする木村さん(右から2人目)らシーラボ☆メンバー=京急百貨店
商品化した総菜をPRする木村さん(右から2人目)らシーラボ☆メンバー=京急百貨店

 京急百貨店(横浜市港南区)と県立保健福祉大(横須賀市)の食育サークル「シーラボ☆」がコラボレーションした総菜が22日まで、同店地下1階のデイリーフーズマーケットで販売されている。地域密着店として、地元学生と連携を進める狙いで商品化した。

 商品名は「はまぽーくとキャベツの甘辛ロール」。キャベツとニンジンを横浜のブランド豚肉で巻き、甘辛のたれに絡めて焼いた。ターゲットは、同売り場を多く訪れる60代前後。同サークルの木村江里さん(20)は「お肉も野菜も軟らかく、幅広い世代に食べやすい」とPRする。

 共同開発のきっかけは、昨年6月の「県産品お弁当コンテスト」(横浜銀行主催)でサークルメンバーによるシーラボ☆Bチームが「京急百貨店賞」を受賞したこと。7月に商品化に向けた打ち合わせを始めた。

 同店の食品部と販売促進担当や取引先が参加。受賞作品をアレンジし、より「売れる」商品を意識。「カラフルなソースをつくってはどうか」といった見た目を華やかにするアイデアなど、学生ならではの視点も多く出されたという。

 「野菜とのバランスが良いお肉の商品が完成した」と同店食品MD統括部の武石和馬さん。16日の販売開始以来、評判は上々で19、21日に売り場に立った学生らも手応えを感じた様子。木村さんは「おいしいという声をもらえ、貴重な機会となった」と話していた。

 1個320円。なくなり次第終了。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況