1. ホーム
  2. 社会
  3. あす29日から北條ウイーク、小田原城中心にイベント開催/神奈川

あす29日から北條ウイーク、小田原城中心にイベント開催/神奈川

社会 神奈川新聞  2011年04月28日 12:29

高さ約6メートルの早雲公像にリフトを使いかぶとを装着=小田原駅西口広場
高さ約6メートルの早雲公像にリフトを使いかぶとを装着=小田原駅西口広場

春の観光シーズン本番を迎えて小田原最大のイベント「北條五代祭り」が29日から始まる。5月5日まで。今年は東日本大震災の影響でパレードを縮小するなど内容を一部変更。「小田原北條ウイーク」と銘打ち、小田原城を中心に多彩なイベントを開催する。

市観光協会は27日、自粛ムードに揺れた開催を盛り上げようと、小田原駅西口広場にある北條早雲公像にかぶとと陣羽織を着せてPRを開始。かぶとは地元の「手作り甲冑(かっちゅう)隊」に初めて製作を依頼した。

かぶとの大きさは幅1メートル高さ55センチで通常の約3倍のサイズ。紙製で重さは約5キロ。現存する3代目・氏康のものをモデルに1カ月間かけて製作したという。

目玉は、3日に行われる「北條武者隊出陣」。甲冑姿の市民約200人が小田原城址(じょうし)公園からお堀端通りを歩く。初代・早雲役として小田原ふるさと大使の阿藤快さんが出演する。

このほか期間中、「青空ライブ」と題して地元音楽家らが公園や駅の周辺で演奏を随時披露。骨董(こっとう)市や名物市、小田原城に関する歴史解説ツアー(3日、事前申し込み)、コンサートなどがある。

今回、震災の被災地支援として東北地方の物産展と復興応援イベントも開かれる。

問い合わせは、市観光協会電話0465(22)5002。ホームページでも開催内容が確認できる。

【】


シェアする