1. ホーム
  2. 社会
  3. 地震予知「不可能」 大震法の廃止求める

東大大学院 ロバート・ゲラー教授
地震予知「不可能」 大震法の廃止求める

社会 神奈川新聞  2016年09月02日 02:00

講演で「地震予知は不可能」と強調するゲラー教授 =海老名市立中央図書館
講演で「地震予知は不可能」と強調するゲラー教授 =海老名市立中央図書館

東大教授、東海説に疑問


 「究極の防災」とも言われてきた地震予知について「不可能」と断言する地震学者がいる。海外の研究成果も踏まえ、数々の論文や学会発表で論陣を張ってきた東大大学院のロバート・ゲラー教授(64)だ。40年前に提唱された「東海地震説」に基づく日本の公的な予知態勢に疑問の声を上げ続け、根拠法である大規模地震対策特別措置法(大震法)の廃止を唱えている。「防災の日」の1日、海老名市内で講演に臨んだゲラー教授は「現時点で予知はできない。地震は常に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする