1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 東日本大震災:県の公営住宅2次募集で申し込み519件/神奈川

東日本大震災:県の公営住宅2次募集で申し込み519件/神奈川

政治行政 神奈川新聞  2011年04月15日 21:05

県は15日、東日本大震災の被災者を対象にした県内公営住宅の2次募集に、519件の応募があったと発表した。募集戸数の575戸を下回ったが、地域によっては入居希望が住宅の提供数を上回ることも想定され、その場合は抽選で決めた順位を基に、割り振っていくという。

入居は、65歳以上の高齢者や3歳未満の乳幼児、重度障害者、妊婦らのいる世帯を優先させる。まず優先家庭で抽選を実施。その後、そのほかの家庭でも抽選を行い、1~519番まで全家庭の順位を定め、入居先を決めていく。

17日には、各家庭に対する、入居先の連絡を開始する。

【】


シェアする