1. ホーム
  2. 社会
  3. 春爛漫、長興山紹太寺の「しだれ桜」が見頃/小田原

春爛漫、長興山紹太寺の「しだれ桜」が見頃/小田原

社会 神奈川新聞  2011年04月07日 16:40

見頃を迎えた「しだれ桜」=小田原市入生田、長興山紹太寺
見頃を迎えた「しだれ桜」=小田原市入生田、長興山紹太寺

春爛漫(らんまん)―。小田原市入生田の長興山紹太寺にある「しだれ桜」が見頃を迎えた。そよ風に揺れる無数の花びらが、本格的な春の到来を告げている。

桜は樹高約13メートル、根元の周囲は5メートル弱に及ぶ。江戸時代の藩主、稲葉正則が寺建立の際に植えたと伝わり、樹齢は約340年と推定される。

小高い山にあるため、晴れた日は青空と木々の緑に桜のピンクが映える。一本道の険しい坂を上り切った花見客は、脇にある茶席で一服。よもぎ団子を頬張っていた男性は大木を仰ぎ見て「春だなぁ」とつぶやいていた。

【】


シェアする