1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 統一地方選:3新人の激戦か、経済活性化が争点/平塚市長選

統一地方選:3新人の激戦か、経済活性化が争点/平塚市長選

政治行政 神奈川新聞  2011年04月07日 11:45

任期満了に伴い、24日に投開票される平塚市長選の告示日(17日)まで10日余りと迫った。出馬の意向を表明しているのは平塚市議の落合克宏(53)、元衆院議員秘書の柏木徹(48)、市料理飲食業組合連合会副会長の水嶋一耀(67)の3氏。いずれも無所属の新人だ。現職の大蔵律子市長は2月に引退を表明しており、三つどもえの構図が濃厚。東日本大震災を受け急浮上した地震や津波対策だけでなく、行財政改革や地域経済の活性化策などが主な争点になりそうだ。

□政党色はほぼなし

「3人とも長い付き合い。見識も甲乙つけがたい」。平塚に固い地盤を持つ自民党の衆院議員河野太郎氏(衆院神奈川15区)の事務所は公言し、特定候補を応援しない方針だ。河野氏は前回市長選で独自候補を擁立。敗れはしたものの、民主系が後押しした現職に挑むなど積極的に関わった。一転して今回は候補者調整には乗り出さず、いわば“身内”の舌戦を見守る姿勢だ。現職の続投を期待していた民主側も独自候補は立てない。「そもそも幅広い支持が必要な首長選は政党色を前面に出しにくい」(同党関係者)のが実情のようだ。

□市政30年の実務者

「後継指名はしない」と明言する大蔵市長に最も近い存在とみられているのが落合氏。市職員を経て市議に転身。大蔵氏2期目には議長職も務めた。「市職員22年、議員8年で内と外から市を見てきた。実務をよく知るからこそ市役所の改革、スリム化ができる」と実行力をアピール。農水商工や観光、大学などをつなぐ「地域産業開発機構」の創設や市北部でのツインシティ計画の推進など経済活性化や子育て支援策などで人口増を目指す。

□市役所「民営化」

柏木氏は、河野氏の秘書を2007年まで10年以上務めた経験などを踏まえ、「税金の無駄遣いを徹底してなくす」と訴える。ごみ収集や学校給食の調理業務、市立の保育園・幼稚園などを「民営化」する方針だ。生み出した財源で、小児医療費の助成拡大や中学校給食の実施、待機児童ゼロなどを実現させるという。近隣との市町村合併にも前向き姿勢で「湘南ブランドを強化して、投資や人を呼び込みたい」と将来像を語る。

□新庁舎凍結と減税

水嶋氏は飲食店の経営者で、地元商店街のイベントづくりや地域FM局の立ち上げや運営に携わってきた。「企業経営の視点で行政課題を解決したい」と強調する。約120億円を投じる新庁舎建設計画を一時凍結し、耐震補強に切り替えると明言。残る財源で、幼稚園や保育園、公民館などの耐震化を急ぐ。さらに市職員の人件費を削減し、市民税10%を減税する方針。地域政党「減税日本」と連携し、無党派層に訴える戦略だ。

また、いずれの候補予定者も震災を受けて津波対策の必要性を指摘。低層住宅が中心の平塚駅南側に立つ数十棟の中高層マンションなどを避難所として活用できる仕組みづくりを訴える点では共通している。

【】


シェアする