1. ホーム
  2. 社会
  3. 東日本大震災:実習船「湘南丸」、いわき市内で被災の知的障害者ら乗せ帰港/三浦

東日本大震災:実習船「湘南丸」、いわき市内で被災の知的障害者ら乗せ帰港/三浦

社会 神奈川新聞  2011年03月21日 21:52

県立海洋科学高校の実習船「湘南丸」(646トン)が21日、福島県立いわき海星高校の実習船「福島丸」(499トン)とともに、いわき市内で被災した知的障害者ら33人を乗せ、三浦市三崎の三崎漁港に帰港した。

両船で神奈川県内に避難したのは、いわき市内を中心とする知的障害者30人と重度障害者3人。荒天の影響で同日午前8時の到着予定が約1時間遅れとなった。

三崎漁港には強い雨が降りつけたが、33人は県職員らの手を借りたり、おぶわれたりしながらひとり、またひとりと下船。迎えのバスに乗り換え、避難先の横須賀老人ホーム(15人)=横須賀市野比=、県立ひばりが丘学園(同)=横浜市港南区=、三浦しらとり園(3人)=横須賀市長沢=へと向かった。

湘南丸は18日夜、救援物資の水と食料、毛布を積み込み、福島丸とともにいわき市の小名浜漁港へ出港していた。

【】


シェアする