1. ホーム
  2. 社会
  3. 輸出入額が2年ぶりに増加、10年の川崎港貿易概況/神奈川

輸出入額が2年ぶりに増加、10年の川崎港貿易概況/神奈川

社会 神奈川新聞  2011年03月10日 16:01

横浜税関川崎税関支署が発表した2010年の川崎港貿易概況によると、輸出額は1兆2016億円(前年比18・3%増)、輸入額が2兆1664億円(17・9%増)で、いずれも2年ぶりに増加した。同支署は自動車輸出の回復や原油価格の上昇が要因とみている。

輸出では、川崎港最大の輸出品目で全体額の約3分の1を占める自動車が4043億円と26・2%増加。特に米国向けの増加が目立った。自動車に次ぐ鉄鋼は1121億円で14・3%増だった一方、3番目に多い石油製品は1077億円で12・8%減少した。

輸入は、全体額の約4割を占める原油・粗油が8680億円で11・8%増加。続く天然ガス・製造ガスもオーストラリアからの輸入増などで5792億円と34・1%増えた。

国・地域別では、輸出先のうち額が最も多い米国が2737億円で19・8%増加。経済成長が著しい中国は32・2%増の2048億円だった。輸入ではロシアがサウジアラビアに代わって初めて最大相手国となり、2943億円(46・6%増)に上った。天然ガス・製造ガスなどの増加が目立った。

外国貿易船の入港隻数は2688隻(7・9%増)で、うち日本籍が174隻(10・1%増)、外国籍は2514隻(7・7%増)だった。

【】


シェアする