1. ホーム
  2. 社会
  3. 三浦国際市民マラソン:潮風受け快走、タイガーや大根…仮装ランナーも

三浦国際市民マラソン:潮風受け快走、タイガーや大根…仮装ランナーも

社会 神奈川新聞  2011年03月06日 21:59

タイガーマスクに扮(ふん)する市民ランナーも=三浦市の三浦海岸
タイガーマスクに扮(ふん)する市民ランナーも=三浦市の三浦海岸

「第29回三浦国際市民マラソン」(三浦市主催、神奈川新聞社後援)が6日、三浦市の三浦海岸を発着点とするコースで開かれた。キッズビーチランからハーフマラソンまで4部門。招待選手を含む1万1867人が潮風を受けながら、心地よい汗を流した。

参加者の中には個性豊かな装いで駆け抜ける市民ランナーも。タイガーマスクや三浦特産の大根、マグロなどの着ぐるみで参加した仮装ランナーは暑さに耐えながら、沿道の観客たちの目を楽しませていた。

同大会は来場者も楽しめるのが、もう一つの特徴。スタート・ゴール地点近くの砂浜には特設テントが設けられ、三崎名物のマグロや特産物の大根を使った料理を集めた「みうらうまいもの市」が開かれた。

昨年9月のB級ご当地グルメの祭典「B―1グランプリin厚木」で5位に入賞した「三崎まぐろラーメン」は初出店。1800食が用意され、昼前から長い行列ができる人気ぶりだった。

【】


シェアする