1. ホーム
  2. 社会
  3. 「買い物難民」を支援、移動販売「木曜マーケット!楽・得ショップ」で実証実験/厚木

「買い物難民」を支援、移動販売「木曜マーケット!楽・得ショップ」で実証実験/厚木

社会 神奈川新聞  2011年02月15日 14:12

移動販売の生鮮品などを買い求める地域住民ら=厚木市王子
移動販売の生鮮品などを買い求める地域住民ら=厚木市王子

食料などの買い物に困る「買い物難民」を支援しようと、厚木市王子の県営文郷山団地で、移動販売「木曜マーケット!楽・得ショップ」が開かれている。出店者の中には、新たな販路に期待する声も上がっている。

王子地区は、65歳以上の高齢者が3割を超え、近くにあった鮮魚、精肉店なども3年前から次々に撤退した。移動販売は団地前に商品を運んで売ることで、乗用車などを運転しない高齢者らの買い物の利便性を高めるのが狙い。

10日現在で肉や魚、野菜など7店が出店。初日の3日には約300人が訪れた。近くに住む80代の女性は「足が悪く、一人暮らしなのでとても助かる」と話し、王子3丁目自治会の友野利雄会長は「独居老人の方も気軽に出てこられ、コミュニケーションが生まれている」と、手応えを感じた様子。

野菜を販売した安西泰隆さん(71)は「近くで商売しているので昔からの客も多く、利益よりも奉仕の意味合いが強い」と話す。通常、公園や路上での移動販売は行政の許可が必要だが、今回は占用許可などの申請手続きを市が担当した。ある商店主は「販売拠点が増えて軌道に乗れば、黒字も見込める」と、取り組みの広がりを期待する。

同マーケットは実証実験として、3月31日まで、毎週木曜午後2時から3時まで開かれる。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕