1. ホーム
  2. 社会
  3. 野毛で盛り上がる「女子会」、クーポン券使いはしご酒も/横浜

野毛で盛り上がる「女子会」、クーポン券使いはしご酒も/横浜

社会 神奈川新聞  2011年01月01日 18:33

「野毛通手形」を使うと1人600円相当で豪勢な料理に=小料理「お食事処 椿」
「野毛通手形」を使うと1人600円相当で豪勢な料理に=小料理「お食事処 椿」

横浜市中区の野毛地区で、女性だけの飲み会「女子会」が盛り上がっている。飲食店58店舗で利用できるクーポン券6枚付きのガイドマップ「野毛通手形」を活用する女子も多いとか。忘年会でにぎわう中、横浜・みなとみらい21(MM21)地区で働く約10人でつくる「艶女(あでじょ)会」に同行して、野毛流女子会事情を探ってみた。

取材した日は4人の女子会。午後6時前、JR桜木町駅の野毛地区インフォメーションセンターで野毛通手形(3600円)を購入しスタート。野毛に詳しいヨコハマ大道芸事務局の大久保文香さんが案内役を買って出た。

♪太鼓判の京野菜

「女性向け1番店」と大久保さんの太鼓判で訪れたのは「お食事処 椿(つばき)」(宮川町2丁目)。店主清水孝さん(64)による、京野菜エビイモの揚げ出しをはじめ刺し身などのお任せ料理をいただいた。

椿はドリンク1杯付きでクーポン券1枚(600円相当)。日本酒を「常温で」と注文した大池智子さんは「エビイモは初めて。独り占めしたい」と笑顔をこぼした。

2軒目に向かう前に大久保さんの案内で探検。斜めに傾いていることから「野毛の斜塔」と呼ばれる建物を見学した後、無国籍料理「無頼船」(野毛町1丁目)に吸い込まれた。サックス奏者渡辺典保さんやボーカル詩織さんらのジャズライブがまさに行われるところ。

♪ジャズライブも

この店もクーポン券1枚でドリンク1杯と1品が楽しめる。ジャズライブを堪能した釜本晴美さんは「初めての店でも手形があったので安心できた」。

最後は洋食「センターグリル」(花咲町1丁目)で名物オムライスとビール1杯(クーポン2枚)で締め。横倉亮子さんは「どの店のお薦め料理もおいしかった。お得なのでもう一度来たい」と満足していた。

♪上手に手形活用

「野毛は焼き鳥とギョーザの店だけと思っていた」とは深江多美子さん。これまでも野毛で女子会を開いていたが、はしご酒は初体験。常連客は店を出るときに「行ってきます」とあいさつすることを知り、「新年会もまた野毛に帰ってこなきゃ」と、はやる気持ちを明かしていた。

野毛には数百の飲食店がある。「安心してお気に入りの店を探すのに手形を上手に活用する女性が増えている」とは野毛飲食業協同組合の恩田和治さん。「2月末まで有効なので新年会にも使って」と話していた。

【】


折よく始まったジャズライブに感激=無国籍料理「無頼船」
折よく始まったジャズライブに感激=無国籍料理「無頼船」

シェアする