1. ホーム
  2. 社会
  3. 客観的な目線で魅力教えて、観光ガイドマップのデザイン公募/三浦

客観的な目線で魅力教えて、観光ガイドマップのデザイン公募/三浦

社会 神奈川新聞  2010年12月31日 10:42

毎年1月は約30万株のスイセンが咲き、観光客でにぎわう県立城ケ島公園
毎年1月は約30万株のスイセンが咲き、観光客でにぎわう県立城ケ島公園

観光客の目線で三浦市三崎の下町地区や城ケ島地区の魅力を紹介しようと、三浦商工会議所青年部が、観光ガイドマップのデザインを公募している。採用者には副賞として10万円が贈られ、作品は実際に三浦エリアで配布する。

これまで同商議所などで同様のガイドマップを作っているが、今回は客観的な目で見た三崎下町・城ケ島地区の魅力の発信や、新たな観光資源の掘り起こしをしていこうと、コンテスト形式で実施することとした。

同青年部は「観光客の増加や市民の三崎・城ケ島の再発見を目指している。自由な発想で、楽しく作っていただきたい」と応募を呼び掛けている。

参加資格はなく、個人・団体も問わない。仕上がりサイズはA3判で両面使用可。

締め切りは5月中旬。問い合わせは、同青年部事務局電話046(881)5111。詳細はホームページ(http://www.miura-yeg.com/)を参照。

【】


シェアする