1. ホーム
  2. 話題
  3. 巨大アスレチック アジア初登場

巨大アスレチック アジア初登場

話題 神奈川新聞  2017年02月09日 02:00

アルプスジムの外観イメージ
アルプスジムの外観イメージ

 ドイツ製クライミングアトラクションの輸入販売を手掛けるSEアミューズメント(横浜市中区、海老原豊社長)は3月25日、相模原市緑区のさがみ湖リゾートプレジャーフォレストに巨大クライミングアトラクション「アルプスジム」を「鳥肌コロシアム『マッスルモンスター』」として導入すると発表した。

 アルプスジムは、欧米諸国に設置の実績があるが、アジア地域では今回が初めて。高さ16メートルの3階層に巨大ブランコや屋上展望台をつけた92種類のアスレチックが設けられ、最大120人が同時に楽しめる。利用制限は身長120センチ以上、体重120キログラムまで。

 屋上展望台からは、遊園地を囲む相模湖の眺望を楽しめる。SEアミューズメントは「相模湖の立地を生かした他に例を見ないこの施設を楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは、同社広報担当電話050(2018)0581。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会