1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「なぜ解雇しない」「給料払う必要ない」職員居座り問題で市民から批判殺到/横須賀市

「なぜ解雇しない」「給料払う必要ない」職員居座り問題で市民から批判殺到/横須賀市

政治行政 神奈川新聞  2010年12月22日 23:32

横須賀市港湾部の男性主任(40)が市の人事異動命令に従わず前の職場に9カ月近く居座っていたとして停職1カ月の懲戒処分を受けた問題で、市の対応を批判する電話が殺到している。22日は市人事課だけで20件以上が寄せられた。

具体的には「なぜ解雇しないのか」「給料を払う必要はない」「処分が軽い」など。10件以上の電話に対応したという職員は「市民からすれば指摘はもっとも。おわびするばかりです」と話す。

市人事課によると、主任は4月から仕事は割り振られず、市民部の職場で専門書を読むなどして過ごしていたが、月々の給与やボーナスは通常通り支給されていた。同課は冬のボーナス支給前の処分も検討したが「手続き的に間に合わなかった」と説明している。処分までに時間がかかったことについては「主任が事情聴取などに応じず、時間がかかった」としている。

【】


シェアする