1. ホーム
  2. 社会
  3. 「PPAP」で防げ受動喫煙

肺がん患者、パロディー動画で訴え
「PPAP」で防げ受動喫煙

社会 神奈川新聞  2017年02月07日 10:03

パロディー動画で受動喫煙防止を訴える長谷川さん(中央)ら =日本肺がん患者連絡会啓発VTRより
パロディー動画で受動喫煙防止を訴える長谷川さん(中央)ら =日本肺がん患者連絡会啓発VTRより

 2020年東京五輪に向けた受動喫煙防止対策を後押ししようと、肺がん患者らが歌手・ピコ太郎さんのヒット曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」のパロディー動画を公開、啓発活動を展開している。「無関心は最大の敵。楽しく啓発活動を広げていきたい」。ゆるい電子音のリズムに乗せ、患者のつながり拡大とスモークフリー社会の実現を願う。 

 横浜港を背景に体をくねらせる。右手にたばこ、左手にシューマイ。「シューマイの方がおいしいよ」。次のフレーズでは、小田原名物のかまぼこを掲げる。

 「PPAP」のリズムで替え歌を歌う動画のタイトルは、「SSAK」(ストップ・ストップ・あかん・煙)。肺がん患者や家族らでつくる日本肺がん患者連絡会(横浜市)が地域ごとに作成し、昨秋公開した。

 アルコール依存症撲滅キャンペーンなど各国でブームになったパロディー動画に着目したのは、横浜市保土ケ谷区の長谷川一男さん(46)。進行性の肺がんで、39歳の時、余命10カ月と宣告された。合併症、腹部への転移…。妻と中学生の子ども2人を支えながら抗がん剤や放射線治療などを重ね、今も闘病生活を続ける。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕