1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 【動画】北村英治さんと市民160人が合奏会 横浜でジャズイベント

【動画】北村英治さんと市民160人が合奏会 横浜でジャズイベント

カルチャー 神奈川新聞  2016年08月12日 08:53

ジャズの名曲「SingSingSing」を演奏する北村さん=横浜市中区
ジャズの名曲「SingSingSing」を演奏する北村さん=横浜市中区

 世界的ジャズクラリネット奏者・北村英治さんが企画した演奏会「-平和に響け-Sing Sing Sing大合奏大会2016」(横浜JAZZ協会主催)が11日、横浜市中区の横浜開港記念会館で開かれた。演奏家と市民が一緒にジャズナンバーを演奏するイベントで、列島を音楽で繋いで平和を祈ろうと、毎年終戦記念日の前後に開催されている。

 演奏には市内の小中高校生や県内外のジャズ愛好家ら約160人が、自前のトランペットやサックス、鍵盤ハーモニカや三味線などで参加した。参加者は、クラリネット奏者の谷口英治さんや市民オーケストラ「みんなの吹奏楽団」とのワークショップで事前に合奏を練習。本番で北村さん作曲の『さつきによせて』『シング・シング・シング』の2曲を大合奏した。

 北村さんは『さつきによせて』について、同窓会で「サツキを植えている」と話していた友人のために作った曲だと紹介。「みんなに気に入ってもらっている曲のひとつで、ありがたい」と語った。4月で87歳になったが「僕は当分同窓会を続けられる」と会場を沸かせた。「(元気なのは)クラリネットのおかげ。一年中深呼吸をしているようなものだから」と話し「周りに楽器をやりたいって人がいたら、クラリネットを勧めてくださいね」と周囲を笑わせていた。

 横浜JAZZ協会の鶴岡博理事長は「みなさんの強い個性ひとつひとつが平和を願うパワーになる」と語り、来年以降もこの演奏会を続けていく意気込みを見せた。北村さんも終演後、会場に向かって「来年も会おうね」と笑顔で手を振っていた。


合奏会では参加者から「ソロ」を披露する人を募り、演奏した
合奏会では参加者から「ソロ」を披露する人を募り、演奏した

集まった市民らと終始和やかに交流していた谷口英治さん(左)と北村さん
集まった市民らと終始和やかに交流していた谷口英治さん(左)と北村さん

客席とステージが一体となって大合奏=横浜市中区
客席とステージが一体となって大合奏=横浜市中区

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会