1. ホーム
  2. 政治行政
  3. マンションで横浜市が課税ミス 保土ケ谷

マンションで横浜市が課税ミス 保土ケ谷

政治行政 神奈川新聞  2016年08月10日 14:20

 横浜市は9日、同市保土ケ谷区のマンション(計641戸)のうち209戸で、2001年度から16年度にかけて固定資産税と都市計画税計約1280万円を過大に課税していた、と発表した。

 市固定資産税課によると、マンション内の一部の共用部分についてマンション全体(5棟)の共用部分として課税した上で、1棟(209戸)にさらに課税していた。16年度分でみると、1戸当たりの過大課税額は3千~6千円程度という。

 他のマンションでのミスを受け、市職員が再点検して判明した。16年度分については税額変更通知書を送付し、01~16年度の納付済み分については11月中旬までに還付する方針。


シェアする