1. ホーム
  2. 話題
  3. 大涌谷の規制エリアにポケストップ 箱根町「モラル信じたい」

大涌谷の規制エリアにポケストップ 箱根町「モラル信じたい」

話題 神奈川新聞  2016年07月26日 02:00

立ち入り禁止地点から徒歩15分、かなたに見える「玉子茶屋」(親指の右上)にそびえ立つ“幻のポケモンジム”=25日、大涌谷園地
立ち入り禁止地点から徒歩15分、かなたに見える「玉子茶屋」(親指の右上)にそびえ立つ“幻のポケモンジム”=25日、大涌谷園地

 世界で大人気のゲーム「ポケモンGO」。25日、避難訓練が行われた箱根山・大涌谷で起動すると、噴煙たちこめる険しい谷底からポケモンが飛び出した。

 ゲームの地図上では、26日に規制が解除される区域に多くのポケストップ(アイテム獲得場所)やポケモンジム(ポケモンを戦わせる競技場)が設定されている。ただ、複数のポイントは立ち入り禁止区域内にも確認された。

 かつて温泉池で黒たまごを作る様子が見られた「たまご池」はジムに。しかし、立ち入り禁止のゲートから坂道を15分ほど登った場所に位置しており、誰も近寄ることができぬ“幻のジム”と化していた。規制区域内には複数のポケストップもあるようだ。

 箱根町は「危険行為をしている人には火山ガスの監視員が注意できるが、箱根に来てくれるお客さんのモラルを信じたい」としている。


シェアする