1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 土壇場逆転、首位守る 小林が殊勲ヒール弾 7月13日・新潟戦

川崎3-2新潟
土壇場逆転、首位守る 小林が殊勲ヒール弾 7月13日・新潟戦

スポーツ 神奈川新聞  2016年07月14日 02:00

【川崎-新潟】試合終了間際、決勝ゴールを決め駆けだす川崎・小林(中央)=等々力
【川崎-新潟】試合終了間際、決勝ゴールを決め駆けだす川崎・小林(中央)=等々力

 明治安田J1第2ステージ第3節は13日、等々力陸上競技場などで9試合が行われ、川崎、横浜M、浦和が3連勝とした。年間勝ち点トップの川崎は試合終了間際、小林の勝ち越しゴールで新潟に3-2で競り勝った。横浜Mは神戸に3-2で逆転勝ちし、浦和は仙台を1-0で下した。川崎と横浜Mが首位に並び、得失点差で浦和が3位。

 湘南は0-2で鳥栖に完敗。G大阪は大宮と0-0で引き分けた。第1ステージ覇者の鹿島は名古屋に3-0で完勝した。名古屋は第1ステージから11戦勝ちなし。

川崎 3−2 新潟
(前 1−1|後 2−1)

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする