1. ホーム
  2. 話題
  3. 夏ミカン+コンニャク 葉山町、新しい特産品

夏ミカン+コンニャク 葉山町、新しい特産品

話題 神奈川新聞  2016年07月06日 02:00

手作りの夏ミカン入りコンニャク
手作りの夏ミカン入りコンニャク

 葉山産の農産物を使った新しい特産品が誕生した。夏ミカンの皮を混ぜ込んだコンニャクを、葉山町朝市農産物加工振興会の女性たちが手作りしている。

 振興会はJAよこすか葉山と県農業技術センターから、葉山産の夏ミカンとコンニャクを使った新しい加工品作りを持ち掛けられた。メンバーが以前から夏ミカンのマーマレードジャムを作っていた経験から、あくを抜いて夏ミカンのえぐみを取ることがポイントと気付いた。

 コンニャクイモをゆでてミキサーにかけ、凝固剤とあく抜きした夏ミカンの皮を入れて手で混ぜる。型に入れ、1日置いてゆでれば完成だ。

 同会のメンバーたちは「夏ミカンが入ると爽やかになる。ショウガじょうゆや酢みそで味付けして、おつまみにも」とアピールしている。

 1袋180円(税込み)。JAの農産物直売所「すかなごっそ」(横須賀市長井)で期間限定販売。問い合わせは、すかなごっそ電話046(856)8314。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会