1. ホーム
  2. 横浜みなと新聞
  3. みなと&わたし:大黒ふ頭のコイン式船舶給水機

みなと&わたし:大黒ふ頭のコイン式船舶給水機

横浜みなと新聞 神奈川新聞  2016年07月04日 10:27

「船舶自動給水販売機」=横浜市鶴見区
「船舶自動給水販売機」=横浜市鶴見区

 大黒ふ頭(横浜市鶴見区)西端の一角にある「船舶自動給水販売機」。海員生協で販売している専用コインを入れると、1枚で1トン給水できる。

 砂利や液体化学製品、ガソリンなどを運搬する内航船が、飲料水やトイレなどの生活用水を補給する。年間総量は6千トンほど。トライアスロン大会のスタート台や花火を打ち上げる台船を安定させるバラスト水としても利用されている。

 横浜はしけ運送事業協同組合の船舶給水営業所(同市中区)の成田正幸さん(35)は週1回、コインの回収と40年間以上使われている給水機のメンテナンスに訪れる。「古い機械なので点検、補修は欠かせない。貴重なライフラインだけに、大きな故障が起こらないことを願っています」


シェアする