1. ホーム
  2. 高校野球
  3. この夏に挑む(1) 運命に導かれたエース

「今年は自分のために」 横浜・投手、藤平尚真
この夏に挑む(1) 運命に導かれたエース

高校野球 神奈川新聞  2016年07月04日 09:52

運命に導かれたエース 横浜・投手、藤平尚真
運命に導かれたエース 横浜・投手、藤平尚真

 第98回全国高校野球選手権神奈川大会の開幕まであと6日。激戦を制して188校の頂点をつかみ、甲子園に進むのはどのチームか-。昨秋から県内公式戦18連勝と無敵の強さを誇る横浜と、打倒横浜を掲げて挑むライバルたちの夏は、どこまでも熱い。

 名門のエースナンバーはこの夏、運命に導かれるように藤平尚真の元へ返ってきた。

 「たとえ背番号10でもマウンドに立ったら自分がエースという思いだったけど、やっぱり横浜高校の背番号1をもらえたことは誇りに思う」

 最速152キロのストレート。磨き上げられたスライダー、フォーク、チェンジアップ。横浜の歴代エースでも何本かの指に入る逸材とされ、同じ千葉出身の涌井秀章(ロッテ)と比較されながら、昨夏、昨秋と甲子園目前で涙を流してきた。

 昨秋就任した平田徹監督(33)はこの春、背番号1を勝負強い左腕石川達也に与えた。「したたかに勝つ投球」「王道の投球」を突きつけられた右腕は、試行錯誤しながら生みの苦しみを味わっていた。

 殻を破ったのは背番号10で臨んだ春季関東大会だった。準々決勝からの3連投で相手を圧倒、迷いを打ち消した。「背番号1は藤平がつけないとチームの顔にならない」と言いながらも、あえて突き放してきた平田監督を「自分の道をしっかり捉え、ストレートでねじ伏せていた」と納得させる投球だった。

 右腕が横浜のエースナンバーの存在を最初に意識したのは幼少時代だ。1998年、松坂大輔(ソフトバンク)が春夏連覇を達成した直後の同年9月に生まれたとき、渡辺元智前監督(71)と同い年の祖父が、孫が松坂を受け継ぐ大投手に育つことを願い始めたという。「小さい頃からずっと、少年野球の監督だった祖父や両親から横浜高校に進学するよう言われていたので、何か運命があるのかなと感じていた」


 中学時代は投手として千葉市シニアで全国制覇。さらに、わずか1カ月ほどの練習で出場したジュニア五輪の走り高跳びでも優勝を飾る。だが、野球と陸上で全国の強豪校から注目される中でも、「迷いなく横浜高校に進んだ」のは当然の流れだった。

 1年春からベンチ入りし、秋には背番号1を手にした。昨夏は7試合に登板し、後に全国優勝する東海大相模と決勝で戦った。「あのレベルまでいけば全国制覇できる」と実感した夏になったが、2年生エースにとって「自分のことを考えず、先輩のために、(勇退する)渡辺監督のためにという思いで投げていた」という不完全燃焼のマウンドでもあった。

 この夏は違う。もちろん「チームのために」という思いは強いが、「ドラフトで選ばれるかは、この大会や甲子園の結果次第。今年は自分のために投げたい」と吹っ切れている。多くの強打者が対戦したい投手にその名を挙げ、打席で待ち受けている。「みんな“打倒藤平”で来ると思う。自分は強打者が狙っていても、空振りが取れるストレートを目指してきた」と自信は揺るがない。

 勇退後も週に2、3回は痛む腰にむち打って、気持ちを込めたノックを浴びせてくれる前監督への感謝は尽きない。

 「まだスピードが出る感覚がある。満足しないでもっと上の上を目指す」。冬の間に名将と2人で完成させた理想的なフォームから放たれる威力あるスピードボールが輝く場所は、甲子園のマウンドしかない。

 焦がれた名門で、まだ何も成し遂げていないことは自らが一番分かっている。「自分は一回も甲子園に行っていない。まずは神奈川大会を圧勝で優勝。そうすれば、このメンバーなら全国制覇できる自信がある」。エースが欲してきたものすべてを手にするのは、この夏だ。

帽子に秘めた思い

「ONE FOR ALL」



 「春に自分が背番号10をもらって落ち込んでいたときに、渡辺(前)監督から『ONE FOR ALL(一人はみんなのために)』と書かれた帽子をもらいました。『松坂もこの言葉を書いていたんだぞ』と教えられ、背番号をもらえない選手たちもメンバーを応援してくれているんだと気づきました。自分でその文字を太くなぞり、夏はこの帽子をかぶってプレーします」

 

ふじひら・しょうま 投手。3年。千葉・大貫中(千葉市シニア)出身。185センチ、84キロ。右投げ右打ち。



帽子に秘めた思い 「ONE FOR ALL」
帽子に秘めた思い 「ONE FOR ALL」

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会