1. ホーム
  2. 社会
  3. 給食で児童17人アレルギー症状 横浜市内13校

給食で児童17人アレルギー症状 横浜市内13校

社会 神奈川新聞  2016年06月30日 02:00

 横浜市教育委員会は29日、市立小学校13校で給食を食べた児童17人に食物アレルギー症状が出たと発表した。

 市教委によると、鶴見、神奈川、港北、都筑区の13校で28日の給食後、乳製品にアレルギーがある男女17人が、喉のかゆみや発疹などの症状を訴えた。このうち2年生と4年生の男児が救急搬送されたが、いずれも症状は治まったという。

 各校の給食は同一メニューで、給食物資を調達している「よこはま学校食育財団」が調べたところ、コロッケに脱脂粉乳が混入していた。同財団はアレルギーを避けるため、同市神奈川区の納入業者に脱脂粉乳を混ぜないよう指示していたといい、原因を調べている。


シェアする