1. ホーム
  2. おかみさんレシピ
  3. 小イワシの唐揚げ

横須賀佐島 魚行商のおかみさんレシピ(99)
小イワシの唐揚げ

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2005年11月27日公開  

安くておいしい小イワシの唐揚げ。大葉とマヨネーズを入れた一品
安くておいしい小イワシの唐揚げ。大葉とマヨネーズを入れた一品

 佐島では今、小さなイワシが水揚げされています。今日は、唐揚げを2種類作ります。

 (1)イワシの頭を取って三枚におろし、腹の骨を取ります。身の真ん中にある小さな骨は、そのままでも気になりません。皮もむかないで結構です。

 (2)水で【1】を洗いペーパータオルで水気を拭き、塩をほんの少し振ります。塩を振ることで、魚の身が締まります。

 (3)【2】のイワシと大葉のみじん切り、マヨネーズをボウルに入れ、少し混ぜ合わせます。マヨネーズを入れることでフワッとできあがります。マヨネーズの量はイワシ100グラムに対し小さじ1杯です。

 (4)【3】のイワシ1枚ずつに片栗粉を付け、フライパンに少し多めに油を引いて焼きます。火が強いと焦げてしまうので、中火で焼いてください。

 それでは、2品目です。

 【2】の水気を拭き取るところまでは同じですが、塩とともに昆布茶も振り、同様に焼き上げたら大根おろしとポン酢で召し上がってください。さっぱりしていて、これからの季節、食が進みます。安くておいしい料理のできあがりです。

 なお、新しいイワシは手では裂けませんが、1日おくと手で簡単にさばけ、下処理ができます。手間が省けますよ。

<レシピ=福本 育代>
<イラスト=福本 倖子>


昆布茶を振ったパターン
昆布茶を振ったパターン


シェアする