1. ホーム
  2. 選挙
  3. 「民共は無責任」 菅氏が批判

「民共は無責任」 菅氏が批判

選挙 神奈川新聞  2016年06月29日 02:00

菅官房長官
菅官房長官

 菅義偉官房長官(衆院2区)は28日、横浜市内で街頭演説し、共産党の藤野保史政策委員長がテレビの討論番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言したことについて、「民進党と共産党の『民共合作』の無責任さの象徴が、この発言につながった」と批判した。

 菅官房長官は、熊本地震の復旧・復興に自衛隊が従事していることなどを挙げ「これが人を殺すための予算でしょうか。断じてそうではない。こうした発言に共産党の本質が出ている」と非難した。

 参院選の争点には「アベノミクスを進められるのか、平和安全法制(安全保障関連法)を進めることができるか。この二つが争点」と強調。安倍政権下で雇用が確保され、有効求人倍率が改善したなどと説明した上で、「数字がはっきり表れている。秋には大胆な予算を編成して、アベノミクスに拍車をかけていきたい」と述べた。

 菅官房長官は自民党公認現職の応援のため、自分の選挙区に入った。 


シェアする