1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 国内最大級のベトナムフェス 横浜で10月、食や芸術など多彩に

国内最大級のベトナムフェス 横浜で10月、食や芸術など多彩に

カルチャー 神奈川新聞  2016年06月25日 11:36

ベトナムフェスタの開催を発表した黒岩知事(中央)とグエン大使(右から2人目)ら=神奈川県庁
ベトナムフェスタの開催を発表した黒岩知事(中央)とグエン大使(右から2人目)ら=神奈川県庁

 神奈川県は20日、国内最大級のベトナム関連イベント「ベトナムフェスタin神奈川」を10月28~30日の3日間、横浜市中区の日本大通りや県庁などで開くと発表した。初めて開催した昨秋は40万人を集めた人気イベントで、今年のテーマは「ベトナムカラーでうめつくせ」。芸術や食、文化、観光など各分野で多彩な催しを予定している。県や県内関係団体でつくる実行委員会と駐日ベトナム大使館の共催。

 県内に住むベトナム人は現在1万人を超え、留学生は中国からに次いで2番目の数という。黒岩祐治知事はこの日の会見で「ベトナムの存在感は大きくなっている。経済だけでなく総合的に交流するのが大事。継続性のある成長と発展のために今年も開催を決めた」と説明。同席したグエン・クオック・クオン駐日ベトナム大使も「フェスタを通じベトナムへの理解が深まることを期待したい」と述べた。

 フェスタでは、ベトナムの伝統芸能である水上人形劇の実演や留学生によるスピーチコンテスト、ベトナムの著名バンドとマグカル・パフォーミングアーツ・アカデミーの受講生による共同企画などを予定。詳細は8月ごろに決定する。


シェアする