1. ホーム
  2. 社会
  3. 相模原女性監禁、睡眠剤使用か 容疑者供述

相模原女性監禁、睡眠剤使用か 容疑者供述

社会 神奈川新聞  2016年06月25日 02:00

 電車内で寝ていた女性を自宅に連れ込み監禁容疑で相模原署に逮捕された派遣社員の男(33)=相模原市中央区清新5丁目=が、「睡眠導入剤を飲ませた」と供述していることが24日、分かった。同署は、飲ませた経緯や同機について詳しく調べている。

 同署によると、同容疑者は4~5日、飲酒後に電車内で寝込んでいた女性会社員(28)を自宅アパートで監禁したとして、18日に逮捕された。逮捕当初は黙秘していたが、「間違いありません」と容疑を認めているという。

 女性は3日夜から都内で飲酒後、4日早朝にJR線に乗車。電車内で眠ってしまい、5日早朝に目を覚ますと同容疑者のアパートにいた。隙を見て逃げ出し、近くの店舗を通じて同署に通報したという。

 同署によると、昨年9月ごろから同様の被害が4件あるといい、同署が関連を調べている。


シェアする