1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 戦後ジャズ、熱気を今に 30周年祝う写真展

戦後ジャズ、熱気を今に 30周年祝う写真展

カルチャー 神奈川新聞  2016年06月20日 02:00

30年を振り返る写真が並ぶ会場=メルキュールホテル横須賀
30年を振り返る写真が並ぶ会場=メルキュールホテル横須賀

 「戦後ジャズの発祥地」といわれる横須賀の夏恒例イベント「ヨコスカ ジャズ ドリームス」の30周年を記念した写真展が、横須賀市本町のメルキュールホテル横須賀で開かれている。横須賀芸術文化財団の主催で、26日まで。

 展示会場には、数々のアーティストが集い、熱気あふれる舞台が収められた写真20点を展示。三笠公園に野外ステージを設けて開催していたころは艦内を楽屋として使い、エアコン代わりに氷柱を立てていたエピソードなども、パネルで紹介されている。

 1994年の開館以降、イベントの会場になっている横須賀芸術劇場は、米海軍の下士官兵集会所「EMクラブ」の跡地に立つ。ルイ・アームストロングなど著名ミュージシャンが慰問に訪れ、戦後ジャズが盛んに演奏された場所だった。同財団は「横須賀にジャズがあることを、幅広い世代に知ってもらえれば」と話している。

 問い合わせは、同財団電話046(828)1602。


シェアする