1. ホーム
  2. 社会
  3. 7人目の容疑者逮捕 ATM不正引き出しで県警

7人目の容疑者逮捕 ATM不正引き出しで県警

社会 神奈川新聞  2016年06月17日 14:41

 全国17都府県のコンビニの現金自動預払機(ATM)から18億円超の現金が不正に引き出された事件で、県警国際捜査課と捜査3課などは16日、窃盗の疑いで、東京都渋谷区、会社員の男性容疑者(31)を逮捕した。同事件の逮捕者は7人目で、このうち県警による逮捕は3人目。

 逮捕容疑は、5月15日午前、藤沢市のコンビニATMで偽造クレジットカードを使い、現金50万円を引き出した、としている。

 同課によると、12日に父親に付き添われて大和署に出頭した。同容疑者は、大和市のコンビニATMで190万円を不正に引き出したとして11日に県警が逮捕した男性容疑者(30)=藤沢市=の高校の先輩で、「男性容疑者から『金を下ろすアルバイトをやらないか』と誘われた」と供述。「報酬は40万円で、他のコンビニ数店でも数百万円を引き出した」とも話しており、県警は指示役の割り出しとグループの実態解明を進める方針。


シェアする