1. ホーム
  2. 社会
  3. 災害時廃棄物仮置き場に 全国初、横浜市と3大学が協定

災害時廃棄物仮置き場に 全国初、横浜市と3大学が協定

社会 神奈川新聞  2016年06月16日 14:15

 横浜市は、大規模地震で発生する災害廃棄物の仮置き場として、市内3大学のグラウンドを候補地とすることを決めた。横浜国立大学(保土ケ谷区)、横浜商科大学(鶴見区)、横浜市立大学(金沢区)と16日に協定を結び、災害時に仮置き場を設置するよう協力を求める。

 市は、市内で大規模地震が発生した場合の災害廃棄物置き場を50~280ヘクタールと想定。廃棄物は公園や空き地など公有地に保管するが、被災規模によっては保管場所が不足する可能性がある。市によると、こうした大学との協定は全国初という。

 協定によると、災害時に市が大学と仮置き場の設置を協議。場所は横浜国立大フットボール場(保土ケ谷区)、横浜商科大みどりキャンパス総合グラウンド(緑区)、横浜市立大福浦キャンパスグラウンド(金沢区)とする。

 廃棄物は原則市内で発生したコンクリートくずで、焼却灰や有害廃棄物は対象外。1年間保管した後、市が処分する。市は使用開始前、地域住民に説明する機会を設けるほか、保管中は環境モニタリング調査を行う。

 市は「災害後の復旧復興を早急に進めるには廃棄物を速やかに仮置き場へ搬送することが重要。大規模なグラウンドを活用できて大変ありがたい」と説明。横浜国立大学は「受け入れ期間中の学生活動は代替のグラウンドを使うよう対応したい」としている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会